« 笑いたい | トップページ | 職場の机の位置 »

落語にはまる

 まいった。GEOで談志のDVDを借りていたのだが、8巻目を返して、残りを全部借りようと思ったら、棚にない。ケースもない。それでカウンターに行って、たずねると、バーコードの書き換えとかで、本店に返したので、ちょっと時間がかかります、だと。毎週二巻ずつ借りていたんだ。じゃあ、今週また来るナと考えんのかいな。もういい。GEOはもういらない。それですぐTSUTAYAに行き、カードをつくった。以前はそこだったけれど、クレジット機能付きにして、ずいぶん時間がたってどこかの会社のカードが届いた時、こんな訳のわからんもん要らんと捨てたら、それがTSUTAYAの更新カードだったようで、前のカードで借りにいくと「期限切れです」。それですぐGEOに行って会員になった。そういうこと。

 ところが、TSUTAYAには談志のDVDがない。それで、CDを借りることにしたら、落語のCDはGEOよりはるかに多い。三枝と文珍は全部聴いた。大笑いした。談志のCDもあったが、悔しいので弟子の志の輔を借りたら、めっぽう面白い。師匠(家元?)より面白い。「死神」なんて、オチ(下げ?)も含めて最高。それで、今日全部借りてきた。枝雀と志ん朝を一枚ずつ交互に借りているが、王道の志ん朝と遊び心漫才の枝雀も面白い。

 夏までにはTSUTAYAの落語は制覇できると思う。ただ、先代の円楽は残るかもしれない。昔は好きだったのだが、彼の師匠円生が亡くなってしばらくしてから、彼は世相の評論家みたいになった。教育について意見したり、ね。それで、ぼくは円楽から離れた。

 エンターテイメントに説教は要らない。

|

« 笑いたい | トップページ | 職場の机の位置 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語にはまる:

« 笑いたい | トップページ | 職場の机の位置 »