« ノンアルコール、ノースモーキング | トップページ | リハビリ感覚 »

ある演劇人との2時間

 居酒屋で話した。先に書いたように、アルコールの日に当たらないので、例外をつくるのはやめようと思い、車で出かけた。

 表現というのは生きる上でのあぶく玉ではないかと、いつごろからか思いはじめていた。だから、高校演劇経験者が、卒業後演劇の方に行かないのではないか。彼らは自分の日常と接する部分がない舞台をつくるか、あるいは舞台を経験をするが、演劇を経験していないのだ。忸怩たるものがあるが。

 彼の話を聴きながら、芝居よりも面白い人生だと思った。人生の醍醐味は、ああいいな、と、思えるような人に出会うことかもしれない。2時間の内容をほぼおぼえているのは、珍しい。酒を飲まなくてよかったと思う。

 最近、あっちこっち車で走った。落語を聴きながら、山奥、海辺を走った。そろそろ人のいるところに行くか。

|

« ノンアルコール、ノースモーキング | トップページ | リハビリ感覚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある演劇人との2時間:

« ノンアルコール、ノースモーキング | トップページ | リハビリ感覚 »