« 夏休み日記(6) | トップページ | 夏休み日記(8) »

夏休み日記(7)

 朝、いつもより長い距離を犬と歩き、帰るといつもより長い時間かけて犬を洗い、庭木の枝を切った。そして図書館に行き、本を一冊、目を通した。昼に帰って、昼寝をしたが、暑くて、暑くて、エアコンの部屋で続きの昼寝。その後、墓参りに行き、親父と1時間ほどウダウダと話した。

 テレビのニュースでは必ず高速の状況が空撮で流れる。盆をいうのを仏教は発明して、それが日本での大移動を生じさせている。罪作りな発明だと思う。それも、寺や坊主の利益のためではないかと思うと、腹立たしくなる。一年に一回くらいは死者に思いを巡らせ、自分の生き方、死に方を考えるのはいい。しかし、それは自分なりの方法でいいのではないかと思う。だから、ぼくだったら、盆ではなく、別の日程で移動するだろうナ。

|

« 夏休み日記(6) | トップページ | 夏休み日記(8) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み日記(7):

« 夏休み日記(6) | トップページ | 夏休み日記(8) »