« 夢二題 | トップページ | 喜々怪々 »

娘、帰る

 予定時間の30分ほど前に中学校に行く。ソフトボールと野球の練習をぼんやり眺めた。おそらく中学校になってはじめてバットを振るのだろう、紅白試合のバッターは空振りが多く、そのスイングはぎこちない。一方野球部は椅子に座ってトスバッティングをしていた。スポーツにも様々な科学がなされている。sれにしても、暑かった。その暑さの中で懸命に取り組む若さはやはり羨ましい。

 予定時間より30分以上遅れてバスが到着。バスの窓からぼくを見つけた娘が手を振った。楽しかったに違いない。

 荷物をほどき終わることなく、娘は横になると、すぐに寝入った。それまでに話した限りでは、大満足だったようだ。現地の新聞を渡され、それには男子生徒とインタビューの記事が写真入りで出ていた。その記事を読むと、「とても楽しいので、家に帰りたくない」という発言があった。それくらいでなくっちゃ。猛烈に帰りたくなるような家にした方がいいのか、ナ、ともかすかに思ったことも事実ではあるけれど。

 貸したデジカメは故障してた。それで急いでカードリーダーを買いに行き、ハードディスクに移した。500枚近い写真と2つの動画。案内やら店やら街並みやら、ワニやらカンガルー、コアラ等の「いかにも」やら(ワニがいかにもとは思わないけれど)、ぼくは一枚一枚、シャッターを押した娘の気持ちを「科学」しながら観た。それを通して、娘の一端に触れたような気がした。

 今日個人した生徒と読んだ英文の中に「カルチャーショック」についてのものがあり、中にはしばらくして出るケースがあるとあった。今もまだ畳の上で眠り続けているけれど、夢の中ではまだオーストラリアなのかもしれない。短い経験だったけれど、何かのステップになればいいナ。

|

« 夢二題 | トップページ | 喜々怪々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

素敵な経験をしてきたようですね。
何故だか私まで嬉しくなりました。
そんなチャンスを与えてくれるイーちゃん達親御さんと
自由に行き来させてくれる日本とオーストラリアに感謝。

投稿: ざぶんっ | 2010年8月21日 (土) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 娘、帰る:

« 夢二題 | トップページ | 喜々怪々 »