« 唐十郎の連ドラ出演 | トップページ | 劇団ワンツーワークス『誰も見たことのない場所』を観に行く »

虹を見た日

 今日はコスモタウンを通らずに、弥生から帰った。上岡から番匠川の土手に上がると、城山の上に虹がかかっていた。虹を見るなんて、何年ぶりだろう。ちょっと遠回りして正解だった。最近ちょっとイライラさせることが続き、イライラすることにもイヤになっていた。そういう時、虹。こういう些細なことで、気持ちは変わる。

 昼間、炎天下、敷地外で熱中症覚悟で(大袈裟?)タバコを吸っていたら、携帯に電話がかかっていたので、電話したら、ヒッチハイクの人を乗せたんだが英語がわからない、とかで、その人に代わってもらって、ちょっと話した。これも面白かった。ぼくは最近、日常のささやかな面白さに向かっていなかった。これはいけない。もうちょっとだけ大胆にささやかながらも面白い毎日を求めた方がいいんじゃないか。いつ死んでもいいように。

 虹を見て、帰って、はて今日の草木への水やりは、と、思って空を見たら、かすかに雲。申し訳ないけれど、降らなったら朝あげるから、と、自分にビールをあげた。そしたら、雨。結構強い雨。強いけれど、優しい雨だった。

|

« 唐十郎の連ドラ出演 | トップページ | 劇団ワンツーワークス『誰も見たことのない場所』を観に行く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虹を見た日:

« 唐十郎の連ドラ出演 | トップページ | 劇団ワンツーワークス『誰も見たことのない場所』を観に行く »