« ぼくの間違い | トップページ | 夏休み日記(2) »

夏休み日記(1)

 今日から15日まで夏休み。脚本の完成が目標だけれど、火曜から図書館に籠ろうかと考えている。ところが木曜から腰痛が出た。昨日はやっとの思いで帰りつき、すぐ横になった。今朝は犬と散歩、洗濯をして、犬を洗い、ほとんど横になっていた。横になって観た『シュー・クリーン・ボーイ』は面白かった。西田敏行だから、あそこまで面白かったのかもしれない。

 今日は番匠川の花火大会。娘たちは浴衣を着て、ぼく達の携帯をそれぞれ持って、母親に送ってもらい、9時過ぎに電話がかかってきて、母親が迎えに行った。帰ってくると、楽しかったと弾んだ声が返ってきた。昔の花火大会の写真は、ステップワゴンの後ろのドアを開けて、ヘッドレストを外した座席を倒して、そこにみんなで座って眺めたことを・・・。もうすぐ送り迎えも要らなくんるんだろうナ。

 さて、とにかく腰をなだめ、図書館に座り続けることができるかどうか。一日に一つずつではあるが、台詞が訪ねてくれている。今まで下ネタは使わない主義だったが、どうしても使いたいものが訪ねてきたので、使うだろうナ。今度は夫婦の芝居です。

 

|

« ぼくの間違い | トップページ | 夏休み日記(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み日記(1):

« ぼくの間違い | トップページ | 夏休み日記(2) »