« おそれおおくも | トップページ | 井上ひさし『ふふふふ』を読む »

喫茶店再発見

 昨日、娘たちと大分に行った。待ち合わせの時間と場所を決めて、車を降りると解散。ぼくは本屋に行き、かなり入念に見て回り、絞りに絞って9冊買った。そこの本屋は冊数が多いと、小さいけれどエコバッグとしてしばらくは使えそうな袋に入れてくれる。そのバッグを提げて、別に他に行きたいところはないので、本を読もうと思った。車に百均の老眼鏡を置いてあるが、炎天下、歩くのが億劫で、目に入った百均で買った。読書なら喫茶店かナと思って探したが、なかなかない。結局車まで歩くだけの距離を歩いてやっと見つけた。

 店内にはぼくより少し年配の男性がのんびりと新聞を読んでいるだけ。それぞれのテーブルに置いてある灰皿が、昨今やたら目につく「禁煙」を嘲笑うかのように痛快なほどの存在感があった。ただ、値上げの時期を境をタバコをやめようと思っているので、タバコは持ち歩かない。それが残念だった。ただ、読書には最適だった。佐伯の図書館より集中できるほど静かで、動きがない。生活保護受けていたローリングが最初のハリー・ポッターを書いたのが喫茶店だったというのも、こういうことかもしれない。

 もっと時間をかけて本を選び、そのうちの一冊を喫茶店で読みあげる。こういう「旅」もありかな、と、思った。

|

« おそれおおくも | トップページ | 井上ひさし『ふふふふ』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もしかしてJ書店ですか!?
お買い上げありがとうございます

17時以降なら学校終わりにバイトで入っているのでぜひ一声掛けてくださいな。

投稿: ゴトウ | 2010年9月17日 (金) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 喫茶店再発見:

« おそれおおくも | トップページ | 井上ひさし『ふふふふ』を読む »