« 久しぶり、あれこれ | トップページ | 遅れて来た老人 »

荘司雅彦『13歳からの法学部入門』

 最近、たとえば岩波ジュニア新書のような本をよく買う。子ども向けの本は実ね丁寧にわかりやすい言葉で書いてくれているから、ぼくのような人間には都合がいい。

 で、荘司弁護士の本。13歳だと、法律に関してはそれほど知識がないだろうから、と、懇切丁寧。だから、ぼくのような人間にも、そうなのか、と、思うこと多々。わかりやすいけれど、オトナが読んでも十分な深さがある。こういう形で、政治や物理、化学、医療や介護をそろえてくれたら、と、思う。あッ、これは幻冬舎新書です。

|

« 久しぶり、あれこれ | トップページ | 遅れて来た老人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荘司雅彦『13歳からの法学部入門』:

« 久しぶり、あれこれ | トップページ | 遅れて来た老人 »