« 桜、咲く | トップページ | 老いた魚の見事なジャンプ »

恋する人の秋の空

 3時に280キロを走って帰ってきた。窓から見える空には一面の鰯雲。よくぞ名づけたものだと、思う。空にイワシが飛ぶか?

 朝7時半家を出て、自動車道に乗る。途中60キロ走行。無料化に伴い、こういうのが多くなった。日田まで走り、中津江に向かう。鯛生金山。そこに向かう途中、以前この道を下りながら助手席の人と話したことを思い出した。思い出は場所に宿る。金山には興味がなく、ある寺の庭が目的。伝来寺の庭は、以前訪れた時は、池に稚魚が泳いでいた。池は教室程度の広さだが、そこで新しい生命が育まれていることに妙に感動したものだった。ところが、池の水を抜いているということで拝観料は要らないとのこと。かなり目を凝らして、水の中を観たけれど、あの時の感動はない。紅葉の頃ならよかった。

 少し経って空を観ると鰯雲は消えてしまっている。女心か男心か。何とも素早い。

 風呂に入れるようにいつも風呂グッズを車には乗せている。風呂の目標点はいくつか設定していたけれど、やたら工事が多いので、やめた。

 次は、萩、高知、愛媛。

|

« 桜、咲く | トップページ | 老いた魚の見事なジャンプ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恋する人の秋の空:

« 桜、咲く | トップページ | 老いた魚の見事なジャンプ »