« 祝子川温泉と大崩山の紅葉 | トップページ | 山本一力『損料屋喜八郎始末控え』を読む »

勝負の終わり

 ペットボトルをそれ用のところに入れようとしていた時だったか、犬と遊び終わった時だったか、一つの想いがグンと浮かび上がって、支配された。

 勝負をしていない・・・

 勝負をしていない。いや、今まで勝負をしてきたことがあるのか、それも定かではない。宝くじは勝負ではない。下手をすれば家族が困ることになる、そういう一か八かみたいなことをやっていない。これではいけない、と、思う。歳のせいかもしれないが、最近生きるということがどういうことなのか、それをやたら考えている。そのせいかもしれない。

 命をもらった、という言い方が正しいとは思わないけれど、生まれてきたからには、その命を燃やすような生き方をしないといけないんではないか。そんなことを考えてしまう毎日。私が私であることを痛烈に感じるような毎日を支えるには勝負があるのではないか。

 それがリゾットだとしても、命を削るくらいの取り組みが要るのだろう。ウン。

|

« 祝子川温泉と大崩山の紅葉 | トップページ | 山本一力『損料屋喜八郎始末控え』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

命を削るほどのリゾット!!
それは楽しみです♪

さて、ワタクシ、今年2回目の成人式を迎えました。
そう、不惑の歳です。なのにまだ彷徨っています。
いえ、この歳になったからこそ、でしょうか。
残りの人生どう生きようか。

投稿: ざぶんっ | 2010年11月22日 (月) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝負の終わり:

« 祝子川温泉と大崩山の紅葉 | トップページ | 山本一力『損料屋喜八郎始末控え』を読む »