« 『ノルウエーの森』を観る | トップページ | 失った時の辺りをうろつく »

きになった一言

 今年のM1は途中で『坂の上の雲』を選んだので、最初の30分しかみることができなかった。2位になったスリムクラブが評判がいいようだが、最初の30分で彼らの舞台はみた。紳助だったかが講評で「漫才かどうか気になる」ようなことを言った。確か、彼らよりも前のグループで中田カウスの点が低かったのもそれと同じだと思う。

 新しいものには常にそういう抵抗があるものだ。紳助やカウスが悪いのではない。進化なのだ。紳助やカウスがまいた種が芽を出し、花を咲かせる。笑いの世界の進化は、目指す者が多いだけに、すさまじいものがあると思う。9回目にして優勝した笑い飯はみていないのだけれど、周囲の進化にまさるほどのものがあったということなのだろうか。完成度? ただ、新しい笑いにはまだ立ちふさがったほうがいいのかもしれない。

|

« 『ノルウエーの森』を観る | トップページ | 失った時の辺りをうろつく »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きになった一言:

« 『ノルウエーの森』を観る | トップページ | 失った時の辺りをうろつく »