« 文学に接しない読書は読書じゃない | トップページ | 『ノルウエーの森』を観る »

村上春樹の言葉(11)

人は変わるし、文章も変わるし、物語も変わります。そのようにして世界は流れていくのです。

 一週間ほど何も書けない状態が続きました。結構シンドイ心持ちだったけれど、いつもと同じ生活の繰り返し。

 日曜日、意を決して(かなり大袈裟)、朝パークプレイスに向かいました。『ノルウエーの森』をみようと思ったのです。ところが、上映は15時から。じゃあ何か別のを、と、さがしたけれど、ない。『相棒』には少し傾きかけたけれど。

 どんなに苦しくても、人は毎日を繰り返すことが一番ではないかと思う。朝起きて、朝飯食って、活動場所に行き、つまらないことにアハハと笑ったり怒ったり、家に帰って、飯食って、風呂に入り、眠り、明日を迎える。全てを日常に取り込んでしまうのだ。ウン。

|

« 文学に接しない読書は読書じゃない | トップページ | 『ノルウエーの森』を観る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹の言葉(11):

« 文学に接しない読書は読書じゃない | トップページ | 『ノルウエーの森』を観る »