« 今週観た映画 | トップページ | マティ・ヴィスニュック『ニーナ』を読む »

卒業式、だった

 卒業式でいつも理解しがたいことの一つが、送辞が卒業生に向かって述べるのに、答辞は校長に向かって述べること。これはおかしくないだろうか。まして、校長が上に立ち、答辞の生徒は後ろ姿だけ。声を発する人の顔が見えないのはどうだろうか。

 今年の津久見の答辞はよかった。パターン踏襲ではなく、極めて日常を述べたのがよかった。送辞の原稿を読まずに、時間をきいて短いので長くしなさいと指導した教員がいたのには驚いたが、数字だけで判断するのが習い性になったのか。そういうアホなことに気付かないのか。不思議。

|

« 今週観た映画 | トップページ | マティ・ヴィスニュック『ニーナ』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式、だった:

« 今週観た映画 | トップページ | マティ・ヴィスニュック『ニーナ』を読む »