« ジャン・ポール アレーグル(『天国への二枚の切符』を読む | トップページ | 篠崎省吾・中村芳子『吉林食堂~おはぎの美味しい中華料理店~』を読む »

ケラリーノ・サンドロヴィッチ『黴菌』を読む

 月に数回「直川鉱泉」に行く。10時からということになっているが、セッカチが多いから15分前に行っても、前の特等席の駐車場はいっぱい。そういうセッカチがいるから、10分前には入れてくれる。ずっと近い「弥生の湯」にいけば、ガソリン代は節約できていいのに。ともかく、休みの日の午前中にどこかの風呂に入り、しばらくは午後は脚本を読むか書くかにしようとしている。

 ケラリーノ・サンドロヴィッチが書いた脚本は手元にいくつかある。初めて読んだ。一族を描いた脚本で、「まじめ」で、こんな脚本を書ける人なのかと驚嘆した。最後まで読ませるものはあった、が、上手に終わらせる無理が面白くない。

|

« ジャン・ポール アレーグル(『天国への二枚の切符』を読む | トップページ | 篠崎省吾・中村芳子『吉林食堂~おはぎの美味しい中華料理店~』を読む »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケラリーノ・サンドロヴィッチ『黴菌』を読む:

« ジャン・ポール アレーグル(『天国への二枚の切符』を読む | トップページ | 篠崎省吾・中村芳子『吉林食堂~おはぎの美味しい中華料理店~』を読む »