« 窪美澄『星影さやかな』を読む | トップページ | 『Closer』を観る »

またもや・・・

 5月の母の姉(伯母)、6月の父の弟(叔父)をなくした。そして先日母の弟(叔父)が倒れて入院したとかで、母の見舞いに同行した。

 授業が終わって休みをとる際、教頭に事情を話したら、立て続く身内の大変に「お払いをしてもらったほうがいいんじゃないの」と悲しくなるほど滑稽な反応。彼としては精一杯なのかもしれないが、そういうセンスは好きじゃない。

 叔父は意識ははっきりしていて、「久しいなぁ」「今はどこの学校に行っているのか」という具合に、会話は成立する。母も安心したようで、そういう母の安心こそ、息子にとっては嬉しい。

 それにしても、教頭の発言が出るほどの、連続。お払いって、何を払うんやねん。アホくさ。ぼくは、そういう時期だからこそ考える時期だと考えている。ぼくは考えたことを芝居にする。

 芝居に何らかの形で反映すると思う。

 皆さん、自分の老後を考えたほうがいいですよ。

|

« 窪美澄『星影さやかな』を読む | トップページ | 『Closer』を観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またもや・・・:

« 窪美澄『星影さやかな』を読む | トップページ | 『Closer』を観る »