« 織田正吉『笑いのこころユーモアのセンス』を読む | トップページ | 『ハリーとトント』を観る »

ユン・ジョンファン『ちゃんぽん』を読む

 光州事件というのが昔韓国であったらしく、それが舞台になっている。何の知識もないから、どこまでが本当でどれくらい創作なのかはわからない。しかし、いずれにしろそこまで書かれる韓国という国に驚きながら読んだ。国家について、最近の日本の政治家の醜態を見ながら、考えているけれど、理想と現実のギャップ。日本の場合、表に出ないままの暗黒の部分もあるように思う。明日は管への不信任案がどうなるか。小沢系議員だけは、民主党だから選挙で選ばれたのに、ああいう連中は今後国政を託してはいけないように思う。

|

« 織田正吉『笑いのこころユーモアのセンス』を読む | トップページ | 『ハリーとトント』を観る »

脚本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユン・ジョンファン『ちゃんぽん』を読む:

« 織田正吉『笑いのこころユーモアのセンス』を読む | トップページ | 『ハリーとトント』を観る »