« つかこうへい『売春捜査官~女子アナ残酷物語』を読む | トップページ | 河合隼雄×鷲田清一『臨床とことば』を読む »

腰痛と付き合う毎日

 いやは、また、腰痛が出ました。舞鶴でのあの日ガツンときて3日寝たきりになって以来、それは時々、忘れたころにやってくる。

 金曜日に生徒が募金をするというので、写真を撮りに行った。1時間半、立っていたのがきつかった。情けない。でも、生徒は声を張り上げて募金をした。ホント、彼らは立派だと思う。前回、ためらったけれど、その時よりは暑いから安いアイスをあげたけれど、差し入れもあった。それが、みてて嬉しかった。何よりの評価ではあるまいか。「先生もどうぞ」とか言われたけれど、とんでもない。でも複数の差し入れで、お茶をもらいました。冷たくて五臓六腑にしみわたった。

 五臓六腑って、若者にはわからないかも。モースト・ジジイ・イン・豊南だ、ナ。

 そういえばあるクラスで「先生のこと〇〇先生がイーダのジジイって言ってました」というタレコミがあり、思わず拍手したくなった。若い奴ならすこぶるOKだけれど、どうもそれほど若くない奴みたいで、ガッカリ。でも、若者は上の世代を超える志がいつもいる。超えられるものなら超えてみやがれ、と、ジジイは密かに勉強する。

 腰が悪くても、犬の散歩はどうにかしている。5時過ぎは明るくて、朝の光で表情を変えていく空。「夏の雲になった」とか、高校の卒業アルバムの寄せ書きに書いた同級生の女の子を思い出した。あのかよわい高校生も、今はオバサンなのだ。

|

« つかこうへい『売春捜査官~女子アナ残酷物語』を読む | トップページ | 河合隼雄×鷲田清一『臨床とことば』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腰痛と付き合う毎日:

« つかこうへい『売春捜査官~女子アナ残酷物語』を読む | トップページ | 河合隼雄×鷲田清一『臨床とことば』を読む »