« 『独裁者』を観る | トップページ | ボランティアの依頼の仕方 »

正しいハヤシライスの作り方

 今年の雨は、朝の通勤・通学のころに降り出す傾向が強い。子ども達はカッパを着て通学する。最近のは通気性もよくなっているようだが、ぼく達の頃は(昔すぎる!)とにかく遮断することだけが主眼だったのか、暑くて蒸れていやだったから、子どもが少しの雨ならカッパを着ないでいく。気持ちはわかる。ただ、もう少し前か後に降り出すことはできないのか雨よ。お前を呪いたくなるぞ。

 さて、今日は振替休暇。とはいっても、朝は職場に行き、試験の手配やボランティアの連絡、商業英検の振込等々をしたのだけれど。

 飼っていた白メダカが一尾になり、寂しいだろうと思い、白と赤とナントカを5尾ずつ買った。濾過装置も買い、結構みんな楽しそうに泳いでいる。変なところに連れてこられたことでパニックになっているかもしれないけれど、わがままな人間はすぐに打ち消す。

 これは水をくんでおいたほうがいいと思い、弥生の道の駅に行く。いつもの戸屋平湧水は遠すぎる気持ちがした。味っ子の味噌を買うついでに玉ねぎを買った。よし、ハヤシライスを作ろう。スーパーでルーと肉を買い、帰ると開始。

 時間はある。だから焦らない。焦らずに作るから、ビールを飲みながら作業をする。これが正しい作り方。「玉ねぎの中が3個」と言われても、中がどれくらいの大きさかわからない。「玉ねぎがシンナリしたら」と言われても、シンナリがどういう状態かわからない。だから、全部テキトー。昼間っからビールを飲む免罪符、みたいなものか。それでいいのだ。

|

« 『独裁者』を観る | トップページ | ボランティアの依頼の仕方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正しいハヤシライスの作り方:

« 『独裁者』を観る | トップページ | ボランティアの依頼の仕方 »