« 家事に専念する | トップページ | 村田喜代子『縦横無尽の文章レッスン』を読む »

慌ただしい日々

 久しぶりに観る星空が鮮やかだったが、すぐに雲で覆われた。風の強い一日で、ホント今度の台風は長い。

 中学校のミニクラス会の翌日、叔父の具合が良くないという連絡があり、母を連れて行く前に、吹奏楽の練習をちょっとだけ観に行った。若い人たちの成長に感心した。若さとは成長する力なのだろう。そして病院に行くと、今亡くなった、と。

 立て続け、だ。

 時代も身辺もうねりながら変化しているように思える。それはぼくにも変化を求めているのではないか。そういう風に考えることにしよう。腰がかなり悪化したが、これは動くな、考えろ、書けということなのだろう。書き続けないと、書き終わらない。

 

 

 

|

« 家事に専念する | トップページ | 村田喜代子『縦横無尽の文章レッスン』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 慌ただしい日々:

« 家事に専念する | トップページ | 村田喜代子『縦横無尽の文章レッスン』を読む »