« 『My Fair Lady』を観る | トップページ | 慌ただしい日々 »

家事に専念する

 朝、いつものように犬と歩く。彼女はこの10月の終わりで12才になる。田んぼの道に入ると放すが、最近は以前のように走り回ることがない。オバサンになったのだ。ところが、側溝にタヌキがいて、彼らとは果敢にバトルを挑む。今日も田んぼの細い水路を走り、カラスを追いかけた。瞬間に見せるオバサンの瞬発力がオジサンは羨ましい。

 散歩に行く前に回していた洗濯機の中身を乾す。今日はみんなほぼ一日いないので、加えて夕方は中学の同級生の小さい集まりがあるので、それまでにちょっとだけ家事をしようと、子どものシーツ類を出させ、洗う。ぼくは洗濯は好きで、今まで洗濯に費やした時間は芝居よりも多いんじゃないかと思う。ぼくは洗と脱水の二つがある昔の洗濯機が一番好きだナ。

 今日は母親が遅いし、加えてぼくは6時半に集まりがあるので、例によってハヤシライスをつくることにし、買出しに行く。今までと違うルーを買ってみる。作るときはビールを飲みながらにしたいけれど、時間が早く、もしかして動くかも、と、控える。丁寧に灰汁をとり、仕上げた。灰汁をとりながら、ぼくはこういう仕事が一番向いているのではないかと思った。

 家の周囲の草を取り、洗濯物を裏返したりして、途中浅見光彦シリーズを観て、洗濯物を取り入れる。

 何か食事を作るとすれば、ぼくはハヤシライス。毎日作る訳ではないから、できる。毎日食事の準備をする人に敬意を評します。

 

 

|

« 『My Fair Lady』を観る | トップページ | 慌ただしい日々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家事に専念する:

« 『My Fair Lady』を観る | トップページ | 慌ただしい日々 »