« 創作脚本の問題 | トップページ | 豊南高校文化祭、終わる »

演劇部員でいるということ

 かつて演劇部顧問をしていた頃、大分は26校が県大会に出場していた。木曜がリハ。金・土・日で上演するから、金曜は11校が上演、宿に帰るのが8時過ぎというハードなスケジュールだった。審査員の方々は大変だったろう。夕食というよりは夜食だった。

 客席で舞台袖で舞台や生徒に触れて、思ったことがある。この生徒たちは演劇を体験して卒業するのだろうか。芝居の上演は経験する。しかし、芝居自体を経験するのか疑問に思った。もちろん、演劇体験、芝居体験について明確に説明できないけれど、上演に向けて躍起に取り組んでいる時に神様がインスパイアーしてくれるようなもので、ふと「これか!」と思う瞬間があるように思うのだ。一人の人間を理解するのは向き合うしかない、それと同じように芝居と向き合うことでしか得られない何か。

 顧問も演劇部員も、事情はそれぞれあろう。しかし、そうなったんだから、ここは一つ覚悟を決めて演劇と向き合うしかないのではないか。そこは人間を考える場所でもあるから、結局は自分と向き合うことにもなり、貴重なものを得ることができると信じている。

 日常のバタバタできちんとまとめることができなかった。長崎中地区の皆さん、貴重な時間と場所を与えてくれたことに深く感謝します。これからの活力と充実の毎日を祈ります。長崎日大、創成館両校の皆さん、県大会での成功を祈ります。応援に行きたいのですが、前二日が文化祭です。担当者で、泥のように眠っていると思います。イーダは幸せでした。多謝。

|

« 創作脚本の問題 | トップページ | 豊南高校文化祭、終わる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演劇部員でいるということ:

« 創作脚本の問題 | トップページ | 豊南高校文化祭、終わる »