« ささやかな疑問 | トップページ | 井上ひさし『日本語教室』を読む »

正しい大掃除の仕方

 下の娘より一ヶ月早く生まれた我が家は、日々の生活で汚れが目立ってきた。思い切って高圧水浄機とスチームクリーナーを買った。いつも年末になると汚れは落ちても疲労がたまるので、一ヶ月で少しずつという方法を取ることにしたのだ。

 黒ずんでいたウッドデッキがきれいになった。9月、オーストラリアからの客人が来る雨の日に、濡れながらデッキブラシでゴシゴシやったが、その時よりも短時間でずっときれいになった。腰に爆弾を抱えているぼくには、腰にやさしい清掃用具で、片手に缶ビールでも可能なのがいい。外回りは、これでかなりいけるかもしれない。

 屋内用のスチームクリーナーはものものしい水蒸気のわりには、感動が得られていない。これが一番必要なのは、ぼくの部屋かもしれないが、雑然としすぎていて、使えない。思い切ってダンシャリしなければならないと痛感している。少しずつ処分しようと思う。衣服は極めて少ない。少ないなかにももうずっと着ていないものがあり、そういうものは処分。犬小屋のベッドに使って、春には処分。

 問題は本。かなり処分して、残りの大部分は実家の一室に移動したが、ついついでたまってしまう。最近は買わないようにしているが、子どもがフォーラスに行くとかでアッシーになったら、時間を潰す場所は本屋で、「こんな本があるのか」とついつい買ってしまう。定期購読の演劇雑誌は毎月2冊たまっていく。

 結論。早めに取り組むこと。そして、とにかくためない。生前の開高健が、書斎には辞書一冊が理想とか書いてた。資料としての演劇雑誌とか、ぼくには要らないのだ。リア王は娘たちに言う、「身軽になって死への旅路に向かう」と。おっと、結論になっていない・・・。

|

« ささやかな疑問 | トップページ | 井上ひさし『日本語教室』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正しい大掃除の仕方:

« ささやかな疑問 | トップページ | 井上ひさし『日本語教室』を読む »