« 760キロ走る | トップページ | デイヴィッド・ゴードン『二流小説家』を読む »

The Peace

 腰紐を解いてセロファンから箱を出すと、その箱の中にスチール缶がある。蓋を開けると黒いアルミ箔がり、それをめくると金色の紙があり、甘い香りが鼻腔をくすぐる。
 1000円のピースが出たというので、一応試さないとと思い、佐伯を駆けずり回ったが、蒲江の店には置いてあるということ。そこまで買いに行く情熱はない。おがくず風呂に行くついでなら、と、思うがどこの店かわからない。それで、大分に住む同僚(大分のタバコのドンみたいな人を知ってるらしいので)に頼んでいたら、さすが、今日目の前に差し出してくれた。タバコを減らし、最終的にはやめるつもりだが、まぁまぁ・・・。
 
 1000円のピースは高い。しかし、現在ピースのインフィニティは470円で、3日で二箱を一箱にすれば、それほど負担ではないし、とか、計算をはじめている。しかし、佐伯では売っていないので、インフィニティでそうするしかないみたい。

|

« 760キロ走る | トップページ | デイヴィッド・ゴードン『二流小説家』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

peace いいですね。

KOOLにしてもう3年。ときどきpeaceが恋しくなります。

別府の喫茶店【グリーンスポット】に初めて行ったのが、もう20年くらい前。
偶然、同じ煙草を吸っていた僕にマスターが
『珈琲にはpeaceが合うんだよなぁ』と云ってたのを思い出します。
ほんまかいな、と思ったけど、合うのかも知れない。
そういえば【ばんぢろ】のマスターはロングピース。
煙草は毒だけど
香りや味わいを嗜好する人には、peaceで珈琲な人が案外多いのかも知れませんね。
吸わなきゃ味わえない、飲まなきゃ分からない
そんな言い訳をしつつ
今日も吸ってしまうのだなあ。それが嗜好ってことなのかしら。

ま。ただぼんやり吸うだけなんですけどね。


1000円peace。。。
探してみようかな。

投稿: キノシタです | 2012年3月27日 (火) 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The Peace:

« 760キロ走る | トップページ | デイヴィッド・ゴードン『二流小説家』を読む »