« ボランティアで汗をかく | トップページ | (『静かなる男』を観る »

ボランティアで冷える

 昨日準備に参加した番匠健康マラソンに行った。7時集合ということだが、せっかちのぼくは6時40分には到着。豊南の生徒は11人で届けていたが、雨天のため車の都合がつかないのだろう結局6人。他校の生徒とあわせて20名くらいだったか。
 写真を撮ったら帰ろうと思っていたが、結局受付を手伝うことに。ぼくは40代・50代の5キロ。隣とそのまた隣の60代、70代以上、一番遠くのハーフマラソンはどんどん受付に来るのに、40代、50代で5キロは来ない。おそらくその年代で5キロというのに、覚悟がないのだ、と、思っていた。しかし、受付時間終了近くになってどんどんやってきた。雨が降っているのに、結局走る人は天気より、走りが優先するのだろう。
 ぼくは氏名を書いた受付用紙の余白に気がついたことを書いていった。たとえば非常ベルが鳴っているのに、その音に反応せず、放送をしていたが、何を言ってるのかわからかったが、そういうことも含めて23回目の大会なのに運営のノウハウがお粗末だったこと。反省しての改善していく積み重ねが見られないのだった。
 そして、明確な説明をせずにその場その場で支持をする係の人に「高校生をいいように使うのはやめてくれませんか」と言ってしまった。そういうのは他のボランティア場所でも結構見受けられる。高校生ボランティアに一番丁寧に応対してくれるのは児童館だと思う。だからか、声をかければすぐに満杯になる。

 10時にハーフマラソンがスタートしてぼくは引き上げた。身体が冷えきっていたので、直川鉱泉までひた走り、湯につかった。昨日と今日で腰にかなり負担がたまっている。早く寝るか。

|

« ボランティアで汗をかく | トップページ | (『静かなる男』を観る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティアで冷える:

« ボランティアで汗をかく | トップページ | (『静かなる男』を観る »