« 「センセー}と呼ばれる | トップページ | ボランティアで冷える »

ボランティアで汗をかく

 明日開催される「番匠健康マラソン」の準備に生徒が参加するので、その写真を撮っておこうと、と、出かけた。10枚も撮ったら、おがくず風呂にと思っていた。ところが、4時間弱、生徒と一緒に奉仕した。
 5名程度で十分です、と、言っていたが、11人応募した。ところが参加は5人。文理大付属の生徒3人と途中一回のアクエリアス休憩だけでブッ通しの作業は、参加者とスタッフあわせて1060人分の記念品等の袋詰め。上浦の水、海産物、Tシャツや帽子やパンフを入れるだけの単純作業。とにかく早く済ませてしまおうと俊敏に動くのだが、単純ながら汗をかく。やがて腰にきた。最初から、これを入れてと言ってくれれればいいのに、終わったと思うと「これも」とくるので、体も頭もカッカしてた。詰め込みが終わると、今度は商品にシールを貼っていく作業。子ども向けやらシニア向けやらダンボール20個くらいに収められたお菓子やら調味料やら入浴剤にシールを貼っていく。

 事務局に明日の大会は実施されるのか、と、訊くと。やります、とのこと。予報では暴風雨というのに。朝7時集合。生徒が行くからには、くたびれたこの体を運ばないと。

|

« 「センセー}と呼ばれる | トップページ | ボランティアで冷える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボランティアで汗をかく:

« 「センセー}と呼ばれる | トップページ | ボランティアで冷える »