« 「古今東西」で朝からお騒がせ | トップページ | 『彼とわたしの漂流日記』を観る »

『探偵物語』を観る

 ぼくが生まれる2年前の白黒映画。カーク・ダグラスが結構いい演技をしている。ほとんどが刑事部屋で進行する。敬愛するウイリアム・ワイラーの監督作品。どの役者もいい味を出して、刑事部屋の空気を活き活きと描いている。

 ただ、タイトルはミス。探偵とあるから、カーク・ダグラスが探偵役かと思っていたら、刑事。detective には探偵もあるが、刑事の意味もある、と、思う。別に思わなくても、刑事部屋で、カーク・ダグラスが刑事なんだから。

 この作品で一番効果的だったのが万引き女。この人物を設定したのが上手いと思う。こういう役を設定して書けるようになりたいと思った。

 主人公の苦悩も、今では考えられないかもしれない。でも、それはそれで、と、受け止めることができないこともない。(まだるっこしい!) 映画は時代を吸い込むスポンジ的なところがあり、そのへんも楽しむことができるから、昔の映画は面白い。

|

« 「古今東西」で朝からお騒がせ | トップページ | 『彼とわたしの漂流日記』を観る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『探偵物語』を観る:

« 「古今東西」で朝からお騒がせ | トップページ | 『彼とわたしの漂流日記』を観る »