« パークプレイスに行ってはいけない日 | トップページ | 床屋で褒められる »

『落語物語』を観る

 やはり、高尾からコメントが来たか。でも、なかなか殊勝でよろしい。

 母親が外出して、父親が焼きそばをして三人の息子が大満足するものの、臭いがつき、母親に叱られないかと気になった時、「キミタチ」とファブリーズを手にニヤッとすると、息子たちが「ハアハア」と頷くあのCMの父親が落語家の役で、そこに何とも頼りない男が弟子入りして、という映画。落語ファンとしては期待したものの、少々がっかり。ただ、ファブリーズの落語家の奥さんを演じたタバタトモコがいい。あの爬虫類顔は好きにはなれないが、役者としては結構いいのではないか、と、思った。彼女の映画をもう一本観たい。

 さて、高尾さん、手帳に記入していただき毎度。久しぶりの公演になりそうです。できたらいいな、というところです。会場決めれば、書くだろうという判断に屈した次第。もうすぐ、コップが満杯になって溢れるという段階です。状況は掲示板にコツコツと報告していきます。んじゃ。

|

« パークプレイスに行ってはいけない日 | トップページ | 床屋で褒められる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 接待のマナー | 2012年5月 5日 (土) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『落語物語』を観る:

« パークプレイスに行ってはいけない日 | トップページ | 床屋で褒められる »