« 井上ひさし『言語小説集』を読む | トップページ | 新潟ウロチョロ日記ー弍ー »

新潟ウロチョロ日記ー壱ー

 昨年から一県開催からブロック開催になったインターハイ。来年北部九州で開催され、その総合開会式が大分の大銀ドームで開催される。その式典委員なるものになってしまい。それで「視察」に行ってきた。
 実は「行きたい」気持ちはゼロだった。昨年の青森、今年の新潟も屋内。大分は大きいから、「総合演出だから是非」と言われても、あまり役に立たないと思っていたし、移動に時間がかかり、これは腰の悪いぼくにはウームだったし、観たことで話を発展させていく人間はいないし、とかいう理由だった。でも、まァ、行ってきたので、どうせだからあなたの知らないことの周辺を書いてみようと思う。ヘトヘトで帰ってきた割には元気がいいナ。

 空港まではバスで行った。最初事務局から示されたのは電車で大分に行って、そこからバスで空港。面倒過ぎる。でも、佐伯から空港直行があるというので、高速料金とガソリン代、駐車場料金を考えたら、どうせ疲れてるだろうから運転するよりいいかと判断して、前日に大分バスの営業所で往復切符を買った。往復で800円安くなる。で大分空港に着いたはいいが、「視察団」を待つのに1時間。

 100名以下のキャパのJALのジェットで伊丹まで飛ぶ。この時のCAは可愛かった。伊丹でもう少し大きいJALのジェットで新潟に着く。空港からバスで新潟駅へ。人口万を超す新潟だけに駅も大きく歩いた。そしてまたバスでホテルへ。そのホテルが中心部から離れていて、加えて近くにコンビニもない。でもそういうところだったからこそ、イーダのささやかな闘争が始まるのだった。

|

« 井上ひさし『言語小説集』を読む | トップページ | 新潟ウロチョロ日記ー弍ー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟ウロチョロ日記ー壱ー:

« 井上ひさし『言語小説集』を読む | トップページ | 新潟ウロチョロ日記ー弍ー »