« 新潟ウロチョロ日記ー四ー | トップページ | 新潟ウロチョロ日記ー六ー »

新潟ウロチョロ日記ー伍ー

 インターハイが体育部なら、文化部は全国総分。その総分に皇室を呼ぼうという話があったらしい。反対したのは演劇だけだったとか。詳しいことは知らないが、皇室を呼ぶと、警備が大変らしい。そういえば、植樹祭に天皇陛下が来県した時、10号線に警官が数十メートルおきに並んでいた。関係ないが、今現在最も素晴らしい夫婦は天皇と皇后ではないかと考えている。それについては以前ここでも書いた。素晴らしい二人。素晴らしい二人がたまたま天皇皇后の二人だったということだけれど。

 ランスルーが終わると、会場に空港にある金属探知機のゲートが3つ設置された。それからしばらくして、そこに行くと、50名近くの警備員が講習を受けていた。そして大分の事務局から受けた注意は、
①身分証明書を提示すること。
②ペットボトルの持ち込みはできない。
③カメラの三脚は持ち込めない。
④カメラは、本当にカメラかどうかその場で写してもらうことがある。
⑤一回入場すると出ることはできない。
⑥皇太子が退場して20分後までは退場できない・
そういうものだった。

 開会式当日はチェックに面倒はなかった。コカ・コーラが無料で飲み物を提供していたから、熱中症の心配もなかった。開会式の途中、大分の高校生が顧問と立ち上がってトイレに行くようだったが、客席からSPが立ち上がりチェック。高校生は無事にトイレに行けた。

 天皇制についての議論は今もある。それについてのぼくの考えは省く。でも、天皇と皇后が東北の被災地に訪れ、そこでの映像を観ると、政治家よりもはるかにいい仕事をしていると思う。皇太子の姿を間近に見ながら、ぼくはそんなことを考えていた。

|

« 新潟ウロチョロ日記ー四ー | トップページ | 新潟ウロチョロ日記ー六ー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新潟ウロチョロ日記ー伍ー:

« 新潟ウロチョロ日記ー四ー | トップページ | 新潟ウロチョロ日記ー六ー »