« 日田を走る | トップページ | ちびっこフェスティバルの問題 »

雨、雷のち募金

 2時過ぎに雨が降り出した。生徒会長に「雨でもやります」と伝えたら、今度は雷が鳴り出した。雨の水害による人たち支援の募金活動だから、雨くらいではと思ったが、雷ではいけない。移動する生徒の安全が何より優先。
 しかし終業式の後で、参加する生徒の中には店をブラブラしているかもしれないと思い、出かけた。やはり。それで、会長にはタクシーで来るよう伝えた。そのタクシー代も募金に回せば、とも思う。また、熱中症予防のためにと飲み物を買った時もそう思った。しかし、募金活動は生徒の体験の場でもあるから、許されるだろう。
 雨ということで「中止だろう」と考えた生徒もけっこういたようで、それでも2箇所で30名ほどの生徒が2時間声を出してくれた。豊南の生徒はこういうことを平気でやってくれる。中には年配の人に駆け寄っては荷物を運んであげたり、カートをもとに戻したりする生徒もいて、そういうシーンは学校では見られない。ぼくにとって貴重な「目撃」だった。

 雨でお客の出足も鈍かった。でも、「ああ水害の・・・」と言って募金箱に入れてくれた人が多かった。優しい人に出会うことができる募金だった。募金していただいた人に感謝。生徒にお疲れ様。次は花火大会の夕方。昨年は女生徒の浴衣姿に魅了されたのだった。

|

« 日田を走る | トップページ | ちびっこフェスティバルの問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨、雷のち募金:

« 日田を走る | トップページ | ちびっこフェスティバルの問題 »