« 面接練習始まる | トップページ | 文化祭のテーマ »

『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』を読む

 日本人の多くは「無宗教」だと思っているそうだが、深く根付いていて、それに気づいていないようだ。池上がインタビューする様々な宗教関係の人がそう言っている。そうなのか・・・。

 現在取り組んでいる脚本では仏教を少し扱う。だから、この際、ちょっと深入りしたほうがいいかもしれにと思い、とりあえず入門として、仏教、キリスト教、イスラム教、神道を扱っているので読んでみた。面白い。宗教は人間を扱っているからだろう。加えて、葬式だけに出てくる和尚と違い、仏教に向かい合い、人々や死と向き合っている和尚は立派だ。会って、直に疑問をぶっつけて、解決してもらいたいと思う。そんなことはできないので、本を注文して、と、なる。もちろんそんなに理解することはできないだろうが、それでも、芝居の中の会話を支えるだけの土台はつくれそうだ。年内は仏教研究。初稿を書きながら。

 

|

« 面接練習始まる | トップページ | 文化祭のテーマ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』を読む:

« 面接練習始まる | トップページ | 文化祭のテーマ »