« 開高健『もっと広く!』を読む | トップページ | ケリー・マクゴニガル『スタンフォードの自分を変える教室』を読む »

三浦しおん『舟を編む』を読む

 すぐに買おうと思っていた。しかし、ちょっと待て。本屋大賞だ。『告白』『天地明察』と本屋大賞は面白くない、と、結論していたのだった。無性に小説が読みたくなって、学校の図書館(正しくは図書室、か?)に行って、司書に「何か元気が出るような小説はないか」と問うと、何冊か挙げてくれた。「これは?」と『舟を編む』を取ると、「それは、読むかなァと思ってた先生が誰も借りない」。フムフム。じゃあ、と。

 辞書をつくる話。面白い。地味な作品だけれど、面白い。本屋大賞、少し見直した。

 大学の英文科の機関紙『THE SEA』に英米文学事典みたいなものを書いたことがある。当時集中的に読んだ筒井康隆の『乱調文学事典』(間違っているかも)に刺激された(はっきり言えば真似した)ものだった。その中の「小説」の項に「由比小説小雪は忠節を大切にしていた。これを物語にしたら、小説、中説、大説のどれになるでしょう」とバカなことを書いたことがある。ホント、バカ。若さがバカさ。ただ責任感ない勢いだけのどうしようもない時代だとかいいようがない。

 でも、小説とは言い得て妙。小さなことでいいんだナ。等身大の人間を主人公にした物語に読者を巻き込み、感動という形で作者とその世界を共有するのが読書の愉しみの一つだと思う。共有する、つまり、作者のテーマは作者だけのものではなく、読者の内にもあり、それを引き出す装置をつくるのが作家ではないか、と、思う。

 辞書は言葉の海を渡る舟、というコンセプトで『大渡海』という辞書を編纂する。主人公にそんな説明をする件を読んで、ぼくは、ちょっと首をかしげた。自分の思いを乗せて相手に届ける舟が言葉、と、ぼくは言い続けてきたからだ。もちろん、首はすぐ戻った。
 辞書つくりの、そーなのかという沢山のことを知ることができる。そこも面白い。人物が類型的なんて関係ない。日常の中に「辞書つくり」をポンと放り込んだら、こんなに愉しめるんだ。芝居も、・・・。

 三浦しおん『ふむふむ 教えて、お仕事!』を図書館に寄付したけれど、あの好奇心、あれがこんな作品を生んだのだ。今後も注目!

 

|

« 開高健『もっと広く!』を読む | トップページ | ケリー・マクゴニガル『スタンフォードの自分を変える教室』を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三浦しおん『舟を編む』を読む:

« 開高健『もっと広く!』を読む | トップページ | ケリー・マクゴニガル『スタンフォードの自分を変える教室』を読む »