« ストレス診断システムの愚かさ | トップページ | 無口な毎日 »

修学旅行の思い出(沖縄編)

 明日、2年生が修学旅行に出発する。生徒の中には長野でスキー、そして東京というのがいいらしい。何故そんなに東京がいいのか。買い物とディズニーランドなら、買い物は自分で稼いでお金ですべきであり、ディズニーランドは恋人と行けばいい。修学旅行は遊びではない。

 鶴岡高校の時に長野ー東京のラインを北海道に変えた。これは断然面白かった。しかし、生徒がコートやらを買ったのを知って、お金がかかったことを反省した。それで、次に学年主任になった時は、沖縄にした。やはり生徒の反発はあったものの、行く機会がないところ、体験学習の多様性、そして普段着のまま行けて、なおかつ旅行費用が安いから、押し切った。
 面白かった。でも、沖縄をもっと体験できる計画があるはずだと、帰りのバスの中で旅行社の人と話した。津久見に異動して、新入生を迎える学年会議で、沖縄を提案した。そして、鶴岡の反省をもとに企画を練り直した。

 2年生諸君。沖縄はいいぞ。観て、聴いて、食べて、触れて、感じて、考えて、充実と安全の旅を祈ります。

|

« ストレス診断システムの愚かさ | トップページ | 無口な毎日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修学旅行の思い出(沖縄編):

« ストレス診断システムの愚かさ | トップページ | 無口な毎日 »