« 雨の成人式 | トップページ | コンビニで妄想する »

『梅ちゃん先生』と『ドクターX』

 今日の朝『梅ちゃん先生』が放送されていて、少しだけ観た。大事件とかじゃなく、ささやかな日常を微笑ましく描いている。もう終わったけれど、『ドクターX』は、これも垣間見る程度だったが、面白いとは思わなかった。医者が主人公というだけで、テーマも手法も異なるからその二つを比べるのは、もちろん、おかしい。ただ、『X』の方向でいくドラマはもういい。梅ちゃんは医者のフリとしか思えない演技だけれど、そのウソで描かれる人間と関係が面白い。

 マニアックなドラマは要らない。設定を特殊化しすぎているのはウンザリだ。そして特殊化する結果、人間がいい加減に扱われているような印象を受ける。人間で遊んではいけない。

 『梅ちゃん先生』は、梅ちゃんが60歳くらいまでつくり続けるほうがいい。「梅ちゃん」と「先生」が切り離せなくなるには、時間がかかる。

|

« 雨の成人式 | トップページ | コンビニで妄想する »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『梅ちゃん先生』と『ドクターX』:

« 雨の成人式 | トップページ | コンビニで妄想する »