« 相良敦子『無欲の人~熊谷守一物語~』を読む | トップページ | 開高健『夏の闇』を読む »

前川知大『暗いところからやってくる』を読む

 人によって、健康の度合いを測る物差しは様々だろう。ぼくのような老人になると、身体の健康は落ちていくばかり。どこがどうということはないけれど、けだるかったりする。だからまァ身体のどこそこが特に問題がない場合、精神の健康の度合いは戯曲を読めるかどうかで測ることができるような気がする。戯曲を読むには集中力がないと、頭の中で人物が動かないのだ。ここ最近どうにか戯曲を最後まで読み通すことができているのは、精神面の状態はよくなっているように思う。

 さて前川作品。面白い。特にナンテコトナイ日常にちょっとした仕掛けをすることでその日常が面白い世界に変わる。魔法といっていいかもしれない。そして、読みながら上演したくなった戯曲。こんな気持ちは久しぶりで、これはかなりいい状態だと思う。とにかく書棚に残しておこう。ウン。

|

« 相良敦子『無欲の人~熊谷守一物語~』を読む | トップページ | 開高健『夏の闇』を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前川知大『暗いところからやってくる』を読む:

« 相良敦子『無欲の人~熊谷守一物語~』を読む | トップページ | 開高健『夏の闇』を読む »