« KAWADE夢ムック『井上ひさし』を読む | トップページ | あと364日 »

『ヒューゴの不思議な発明』を観る

 昔、佐伯には5つの映画館があった。

 現在眼科がある辺りに東宝系の映画館があり、小学校、中学校の頃は学校が許可する映画しか観ることができず、若大将シリーズを夏と冬の休みには見ていた。ホテルの駐車場辺りに東映。駅前にピンク映画(まだポルノ映画という呼び方はなかったような気がする)を上演する映画館。一度か二度、心臓をバクバクさせながら入場したことがある。今のAVとかに比べると、何の刺激もないものだったかもしれない。でも、全部見せなくても、人間には想像力があるから、かえって刺激的だったのかもしれない。そして某病院の近くに日活系とピンク系(こちらが日活ロマンポルノを上映してたのだろうか)の2館。高校2年の秋、土曜日、学校の帰りにフラッと入って、『マイ・フェア・レディ』を観て「世の中にこんなに面白いものがあるのか」とぼくの身体の細胞のすべてが沸き立った。これ以上落ちないよという劣等生のぼくは映画をめざし、そのためには大学に行く必要があることを知り、勉強を始めたのだった。

 『ヒューゴ』が優れているのは、マジシャンが映画に出会い映画制作を始めたという点ではないかと思う。映画の基本は夢ではないかと思う。テレビには夢がない。テレビには足し算と引き算しかない。映画には掛け算と割り算もある。これが根本的に違うし、制作費だけではなく、情熱の量が圧倒的に違う。
 昔、『俺たちのDJ』という単発ドラマ制作の端っこにいたことがある。撮影は大泉撮影所とロケ。照明スタッフは東映の人。ディレクターがなかなか本番に行けないので、急ぐようマイクに向かって言うと、「テレビ屋さんみたいないい加減な仕事しねえんだ」という声がかえった。夜のロケで、テレビ局のスタジオのメンツの親くらいの人が、塀に登って、立って、明かりを当てる姿を見て感動したことがある。

 『ヒューゴ』は夢みたいな言葉ではクソッタレで終わってしまう内容を知的で巧妙に仕立てあげている。脚本がいい。断然いい。作中の台詞にもあるが、何一つ無駄がなく、それぞれがゴッツいい感じ(死語?)で進んでいく。どうやって撮影したんだろうと思う妙も楽しめる。「ハッピィエンドは映画の中だけのことだ」という台詞がある通りの結末も不満はない。よくできた映画。

 

 

|

« KAWADE夢ムック『井上ひさし』を読む | トップページ | あと364日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒューゴの不思議な発明』を観る:

« KAWADE夢ムック『井上ひさし』を読む | トップページ | あと364日 »