« 三浦しをん『神去なあなあ夜話』を読む | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー『エンプティー・チェア』を読む »

ジェフリー・ディーヴァー『コフィン・ダンサー』を読む

 一度読み始めたら、最後のページに行きつくまではやめられない。リンカーン・ライムが対峙する犯罪者が強力で、展開に翻弄される歓び。そして、時々、ぼくのような鈍感な読者にも、先を読ませる仕掛けを用意し、くすぐってくれる。

 ライムが超微細なものにも丁寧に分析し、考える姿勢が、ぼくにも伝染してきて、これからは今までと違い緻密さを生活に取り入れようと決心している。ウン。

 次の作品を読みたい。雨の中本屋に行きたいと思う。それは酒やタバコへの欲求より強烈で、もはや中毒といってもいい。ディーヴァー作品より、酒やタバコの方が弱いのも嬉しい。しかし、ここで今週のことを考え、採点と成績処理をやっちまってからと自分を諌める。よし、明日からは馬車馬のように働こう。

|

« 三浦しをん『神去なあなあ夜話』を読む | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー『エンプティー・チェア』を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェフリー・ディーヴァー『コフィン・ダンサー』を読む:

« 三浦しをん『神去なあなあ夜話』を読む | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー『エンプティー・チェア』を読む »