« また、夢の中で | トップページ | 嘉穂劇場に行く »

『種まく旅人~みのりの茶~』を観る

 先日56歳で急逝した塩谷俊の監督作品。大分の風景、大分弁満載の映画。都会でデザイナーをしていた女性が、臼杵の祖父を訪ね、祖父が入院したため、茶作りをするという地味なストーリーだが、いい。派手なアクションもなく、ピストルぶっぱなすことも爆破もなければ、裸もセックスもない。だからいい。
 都会にいる時は全然可愛くない田中麗奈が映画の進行とともに、可愛く、魅力的なっていく。不細工な女や、と、思っていたのが、惚れてしまった。

 先日ある人とちょっと話した。舞台関係の仕事の人で、塩谷がつくった大分の俳優養成所は続くらしい。この映画を観るまではさほど興味がなかったので、熱い対応をしなかったけれど、次は大丈夫。熱く語りましょう。

|

« また、夢の中で | トップページ | 嘉穂劇場に行く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『種まく旅人~みのりの茶~』を観る:

« また、夢の中で | トップページ | 嘉穂劇場に行く »