« 祭の後(続々) | トップページ | 恩田陸『猫と針』を読む »

組織の作り方

 インターハイについては、最後です。

 今回も組織について、いけないナと思った。あれやこれやが一人の人間に集中する。彼はその全てに対応しないといけない。進行から弁当まで。弁当の係を決めて、その人に任せればいいのだ。

 高文連演劇部の理事になる前、前任者に「一人で全てやると負担が大きい。その大変さを見ると、次がやりたくなくなる」と、ぼくは夏期講習会は任せてくれと言った。トップ(ぼくにはその意識はなく、いつもワイワイガヤガヤだったけれど)は何かあった時の責任を取ればいい。だから、ぼくがそうなった時は、そうした。そりゃあ通常の仕事にプラスの部分はあるが、以前の人たちに比べて、はるかに楽だったと思う。そして、できるなら、そういう仕事は回した方がいい。多くの人に経験してもらうことも必要だろうと思う。誰でもやれる体制をつくることが大切ではないかと思う。まッ、中にはそれにしがみついて醜い姿をさらす人も時々ある。結局、自分もことしか考えていないのだろう。そして、それは周囲には露呈されている。

 今回の総合開会式の失敗は、動ける組織をつくれなかったことだと思う。立ち上げる時に、今までの方法を踏襲した。違うんだ。大分でそれを変えるという意識でやればよかったのだ。だから、朝早くから準備に臨んだ高校生を集めて、短い言葉で解散式という形をつくるというバカなことまでしてしまう。早く帰してやれよ。

 踏襲が悪いとは言わないが、もっと面白くしてやろうという意識が希薄だ。ある事務局員は、それに不満を漏らしたことがある。

 ただ、高校生はスゴイ。もしかすると、今日本で一番「役に立つ」(失礼な言い方です。ごめんなさい)は高校生ではないかと思う。高校生が素晴らしいから、オトナの愚劣さが際立った。

|

« 祭の後(続々) | トップページ | 恩田陸『猫と針』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 組織の作り方:

« 祭の後(続々) | トップページ | 恩田陸『猫と針』を読む »