« 祭の後(続) | トップページ | 組織の作り方 »

祭の後(続々)

 13時50分から、出演者の解散式を行うということで、生徒はその20分前からメインスタンドに集まり始める。結構時間がかかる。で、責任者の一人(結局名前を覚えなかった。覚えようとしなかった)が「ありがとうございました。すべては、生徒みなさんのおかげです」みたいな30秒程度の話で終わり。早い生徒は4時過ぎから学校のバスに駆けつけたのだ。早く帰してやれよ。どうせ、当日は大した仕事もないんだから(大会までも、か)、出演が終わった時に行き、お礼を言えばいいだけじゃないか。そういうことを考えることができないのは致命的だろう。

 帰りのバスは福岡のバス。運転席の上に座席があり、面白そう。でも、そこに座るのは大人げないと思い、平凡な席に座った。バスが自動車道に入った時、前の席に座った女生徒が「おじさんが降ってきた」と言った。それから「降ってくるおじさん」の数を数え始めた。その流れから「おじさんが手を振ってくれた」という内容だとわかった。彼女たちは対向車に手を振り、それに応えて手を振ってくれたドライバーの数を数え始めた。その一つ一つにコメントしては笑う。羨ましい才能。

 ぼくは今日いつもの時間に職場に。採点をして、得点を打ち込み、休みを取り、久しぶりの直川の湯に行き、とことん汗を流す。インターハイを流れ落とした。さあ、脚本だ。

|

« 祭の後(続) | トップページ | 組織の作り方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祭の後(続々):

« 祭の後(続) | トップページ | 組織の作り方 »