« ジェフリー・ディーヴァー『エンプティー・チェア』を読む | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー『ソウル・コレクター』を読む »

ジェフリー・ディーヴァー『12番目のカード』を読む

 今まで読んだ中では動きが少ない。そして人間臭さがちょっと強い。ただ、リンカーン・ライム犯罪ファイルの魅力は、激しい動きに巻き込まれ、人間を人間を思わない犯罪者が追い込まれていくところだと思うので、物足りなさが・・・。

 ついつい読んでしまう。それでいつもは眠りこけている時間にも読んでいる。酒を飲みながら読むと、翌日がヒドイことになるので、酒をやめた。ついつい飲んでいるだけのことで、別に飲むのは水でもいい訳だ。じゃあついでにと(何のついでかわからない)、養命酒を買った。効き目を感じるまでにはいっていないが、このまま酒をやめてもいいか、と、思い始めている。ウ~ム、酒場より墓場が近くなっているような・・・。ただ、酒よりリンカーン・ライムの方が魅力的なだけ、とにかくこのまま今手に入る全作品を読破。酒をやめるかどうかは、そこで考えよう。ウン。

|

« ジェフリー・ディーヴァー『エンプティー・チェア』を読む | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー『ソウル・コレクター』を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェフリー・ディーヴァー『12番目のカード』を読む:

« ジェフリー・ディーヴァー『エンプティー・チェア』を読む | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー『ソウル・コレクター』を読む »