« 藤山寛美『あほかいな』を読む | トップページ | ブルーベリーを収穫しながら »

ジェフリー・ディーヴァー『バーニング・ワイヤー』を読む

 福島の原発が津波にやれれて、その夏の電力供給で東京は混乱した。スイッチを押せば、明かりが灯り、テレビがつき、エアコンや洗濯機が動く。その当たり前が、当たり前でなくなった。電力抜きの生活は考えられない。
 今回のリンカーン・ライムは電気で殺人道具に使う犯罪者に挑む。凄まじい殺傷力に、驚いた。そして、『ウオッチメイカー』がここで解決する。次々にディーヴァーが仕掛けてくる大波小波に揺られる。読書の歓び。
 これで、現在手に入るリンカーン・ライムシリーズは全部読んだ。新作が待ち遠しい。

|

« 藤山寛美『あほかいな』を読む | トップページ | ブルーベリーを収穫しながら »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェフリー・ディーヴァー『バーニング・ワイヤー』を読む:

« 藤山寛美『あほかいな』を読む | トップページ | ブルーベリーを収穫しながら »