« 『半沢直樹』を観てみた | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー『スリーピング・ドール』を読む »

『のぼうの城』を観る

 野村萬斎はいい。彼のとぼけた味は、誰にも出せない。成宮は立ち姿がいい。『相棒』のカイト君で初めて見た時、こういう役者は少ないと思った。グッサンはここまでできるんだ、と、感心。それを支えたのは佐藤浩一ではないかと思う。

 映画の宣伝を観た時、これは観たいと思った。数年後、ようやっと観ることができた。設定が面白いのだが、作品はキレがよくないように思う。たとえば、のぼうと姫の説明が皆無に近いのに、開城後のそれぞれの人物のその後を語るのは、どうも納得がいかない。最後にキャストの名前が出てからスタッフやらの名前が延々と続く。制作側の気持ちはよくわかる。その丁寧さを映画自体にもっと出せたのではないかと思う。

|

« 『半沢直樹』を観てみた | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー『スリーピング・ドール』を読む »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『のぼうの城』を観る:

« 『半沢直樹』を観てみた | トップページ | ジェフリー・ディーヴァー『スリーピング・ドール』を読む »