« 『半沢直樹』のラストはいやらしい | トップページ | 『あまちゃん』の面白さ »

『神様のベレー帽~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話~』を読む

 ぼくはかなり遅れてきた手塚治虫ファンだ。『ブラック・ジャック』を読んで、ついにはハードカバー全巻そろえ、それは今でも書棚にきちんと並べている。そして他の作品も買い求めた。

 誰かの文章で手塚治虫の速読を知った。本屋で立ち読みをしている手塚をみかけた。しばらくしてると本を閉じたところで声をかけかたら、「今ちょうど読み終えた」と分厚い本を見せたというもの。彼の莫大な作品群は莫大な情報量の摂取に支えれている。

 『ブラック・ジャック』は人間への深い愛情が根底にある。そして同時に質の高い作品になっている。

 いいドラマになっている。SMAPの草薙が手塚治虫ってこんなんだったろうと思わせる演技。大島優子も結構いい。佐藤浩一が画面を引き締める。『なんでも鑑定団』を我慢してオツリがきた。ウン。

|

« 『半沢直樹』のラストはいやらしい | トップページ | 『あまちゃん』の面白さ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『神様のベレー帽~手塚治虫のブラック・ジャック創作秘話~』を読む:

« 『半沢直樹』のラストはいやらしい | トップページ | 『あまちゃん』の面白さ »