« 肩を叩くな! | トップページ | 介護が問題 »

『悪太郎』を観る

 今東光の自伝小説を映画化したもの。

 今東光は、昔テレビに出ていたのを見た記憶がある。歯に衣着せない物言いに、純朴な少年は変だと思いながらも畏敬に似たものを感じたような。ネットで調べると、説明が長いので青い文字色の名前だけでスキップ読みしたが、驚嘆の交友だ。ものすごい人達の名前がゴロゴロ出てくる。

 監督は鈴木清順。出演は山内賢と和泉雅子。吉永小百合・浜田光夫に続く日活の青春コンビ。山内がいい。どこか唐沢寿明に似てるような風貌。和泉は
 風紀部が後輩の生活態度を制裁指導する風潮があったのかどうかは知らないが、その風紀部との対決にこれが今東光かと思わせる痛快さがある。青春を描いた映画ではベストではないかと思う。ラストシーンは、その後の今東光を暗示する。

|

« 肩を叩くな! | トップページ | 介護が問題 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『悪太郎』を観る:

« 肩を叩くな! | トップページ | 介護が問題 »