« ジェフリー・ディーヴァー『スリーピング・ドール』を読む | トップページ | 面接指導は演出なのだ »

日本の高校野球の素晴らしさ

 キューバ戦を観た。8回コールド勝ち。安楽の6連続三振奪取も素晴らしかったし、守備もよいし、打線も慣れない木製バットなのによく打った。
 優秀な選手を集めただけではこの快進撃はできないと思う。一つのチームとして作り上げているからこそだと思う。何にせよ、チーム作りこそ肝心なのだが、その辺をわかっていない「上」の人は多い。「やりなさい」の一言でできると思っているのだから。
 プロ野球のWBCは群れ。しかし、高校生の日本代表はチーム。多分高校生は素直で、ノセればノルから、素晴らしい結果を出す。明日のアメリカ戦を待たずに決勝進出。今まで優勝していないので、期待は高まる。BS朝日で急遽生中継を決めたようで、日曜の夜。『鉄腕ダッシュ』とぶっつかる。

|

« ジェフリー・ディーヴァー『スリーピング・ドール』を読む | トップページ | 面接指導は演出なのだ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の高校野球の素晴らしさ:

« ジェフリー・ディーヴァー『スリーピング・ドール』を読む | トップページ | 面接指導は演出なのだ »