« 目薬 | トップページ | 百田尚樹『海賊とよばれた男』を読む »

値段の不思議

 定価、メーカー希望小売価格、そしてオープン価格。新製品が出て、機能を確かめ、値段が気になっても、わからない。メーカーもシンドイ状況かもしれないが、不親切だと思う。

 だいたい、コンビニは値段が高い。黒霧の900mlが820円くらい。もっと高いところもある。スーパーでは780円程度。それがC店では、698円。たとえば、いつも買うA店で10本買うと、7800円になるが、C店では6980円。もう一本買って、おつりがくる。

 母親は現在介護施設に入っている。毎週土曜日の朝行く。その時、「胡麻麦茶」を一週間分買っていく。行く途中にあるB店では一本168円。しかし、方向の全く違うD店では149円。10本で190円の差がある。一日一本で買っているので、年間の差額で46本買える。
 もちろん、一本18円安いからと、約3倍の距離を車で行くガソリン代を考えれば、安物買いの、に、なってしまう。だから、10本、先日は20本、と、まとめ買いする。

 ところが厄介なのは、D店では他のものも安いかというと、500mlのあるお茶はB店の方が安い、と、その辺の値段の仕組みに疑問を覚える。

 母親に持っていくそのお茶は、どうやらCMがいうように、効果はあるようで、血圧が下がったとのこと。だから、毎週届けているのだ。

|

« 目薬 | トップページ | 百田尚樹『海賊とよばれた男』を読む »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 値段の不思議:

« 目薬 | トップページ | 百田尚樹『海賊とよばれた男』を読む »