« メールアドレスに感激 | トップページ | 図書館報のインタビューを受ける »

『三匹のおっさん』を読む

 作者の浩をぼくは「ひろし」と読んでいた。「ひろ」だと言われても、ぼくは男だと思っていた。

 書店で、前から見て、手に取り、買おうかと思ったことはある。数日とかではなく、数週間ごとに、迷った。何故迷ったのかはわからない。

 学校の図書館の司書に、「ある?」と訊いたら「ある」。で、借りて、読んだ。
 結構抑えどころはしっかりしている。人物構成も面白い。これはテレビドラマ向き。「ガリレオ」より、ウケるかも。ただ、キャスティングが難しい。

|

« メールアドレスに感激 | トップページ | 図書館報のインタビューを受ける »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『三匹のおっさん』を読む:

« メールアドレスに感激 | トップページ | 図書館報のインタビューを受ける »