« 佐伯市の成人式に行く | トップページ | 蟄居状態 »

演劇右往左往~1977-8年~

 どうも、この辺の記憶が曖昧で整理できない。

 川端が演出した『土』は天草の高校まで出前公演をした。手伝いにならないけれど、ついていって、えらく寒かった記憶がある。古城とまだつるんでいる奥村の『北斎漫画』を観て、嗚呼、熊大演劇部にも演技の才人が表れたと感動した。安倍公房の『可愛い女』に一つ曲をつけた記憶があるけれど、その順番がわからない。ぼくはどこかで記憶喪失しているのだろう。その辺は来月長崎に行くので、ある程度は確かめられるかもしれない。

 大学の6年間は実に楽しかった。純情朴訥だからこそウロチョロでき、そのウロチョロで沢山のことを経験した。演劇も、英語も、勉強しなかった。高校生の試験前の一夜漬けみたいなことしかしなかった。無駄な役に立たないことばかり経験したと思う。ただ、ムダも積もれば意味をなす、と、いうか、わからない。わからないが、演劇が体の成分の一部になったと思う。

|

« 佐伯市の成人式に行く | トップページ | 蟄居状態 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演劇右往左往~1977-8年~:

« 佐伯市の成人式に行く | トップページ | 蟄居状態 »