« 長崎に行く(下) | トップページ | 老いと死のレッスン »

インフルエンザ再び

 木曜日の朝ゾクゾクとして、徐々に体調が悪化したので早退。今日医者に行ったら、微妙だけれどB型ではないかとの診察。熱が冷めてから二日は人と接しないようにということ。大分県南部はインフルエンザが県下一の猛威をふるっているようで、このか弱き老人にも容赦ない。

 齢を重ねるにつれ、色々な体の変調が出てくる。
 たとえば、1月下旬の愉しみは、カチカチになった鏡餅を小さく割って、ストーブの上に置いて、焼いて食べること。ところが、今年、カチカチを焼いて香ばしくなったものをかじっていたら、固すぎたものを毎日のように食べたせいか、歯茎を傷めたようなのだ。弁当を食べるのに従来の2倍の時間がかかるようになった。弱くなっている体を、科学して、もう10年は生きるようにしなければ、と、思う。

 オリンピックは多くの感動を与えてくれる。ところが、メダルを取れずに「いい思い出ができました」とかに「税金泥棒」のような批判があるのは切ない。またある国ではもっとひどい。Record Chinaとかを開けば、その一端はうかがえるだろう。加えて、森元首相が「真央は転ぶ」と発言したことも問題になっている。あるアメリカの団体が20年の東京オリンピックは「ヤクザオリンピック」と書いて話題になっているが、そこに森の名前もある。彼は昔から軽はずみなんだな。もちろん、森がそう思うのは構わない。でも、東京オリンピックのトップが言うべきことじゃないだろう。

 熱にうなされた発言でした。

 

|

« 長崎に行く(下) | トップページ | 老いと死のレッスン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザ再び:

« 長崎に行く(下) | トップページ | 老いと死のレッスン »